Starship 21ZNA9

アクセスカウンタ

zoom RSS Roland Garros 2017 その3

<<   作成日時 : 2017/06/11 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年の大会は2週目に入ると、1週目の猛暑がウソのように、序盤は雨天中断・順延もあり、気温も平年並みになった。でも週の後半はさわやかな青空が大会運営を順調に進めてくれていた。そして女子決勝が行われた6月10日はすばらしい晴天に恵まれた。

その女子の優勝者はエレナ・オスタペンコで大会史上初づくめとなった。まず女子ノーシードからの優勝、そしてラトビア人というのも初だとか。オスタペンコの母国ラトビアでは大騒ぎじゃないかな?(笑)男子で同様にこの大会でノーシードから優勝したのが、グスタボ・クエルテンで、彼がその偉業を達成した日(1997年6月8日)に、まさにオスタペンコが生まれたというから、なんという運命なんだろう♪だからオスタペンコは大会中の6月8日に20歳になったばかりで、20歳になった2日後に偉業を達成したことになる。

女子決勝で、ハレプとオスタペンコは奇しくもお揃いのウエアでの対決となった(笑)試合が始まると、今大会の決勝進出経験もあるハレプが圧倒するようなプレーで第1セットを先取。やはりオスタペンコは初のグランドスラム決勝に緊張も出てしまったのか?第二セットに入っても、ハレプがブレイクして3−0で、空気はなんとなく「このままハレプが行くかな?」という感じになっていた。

ところが、ここからオスタペンコにギアが入った感じとなり、強烈なショットが決まり出す。そしてあれよあれよと第2セットを取り、勝負はファイナルセットへ突入。ハレプも意地を見せて第4ゲームを先にブレイクし3-1としたけれど、オスタペンコが追い込まれてからの第5ゲームのジュースでリターンエースを2本続けてブレイクバック!第7ゲームのブレイクポイントではコードボールがインに転がって逆転(コードボールでの流れの変わり方は、錦織選手vsマレーでもあった)、流れがそのままオスタペンコに来たようで、最後の第9ゲームも連続ブレイクして5ゲーム連取で優勝を決めた。

表彰式でのスピーチで、ハレプは優勝を逃して残念と何度も言いつつも、きちんとオスタペンコを祝福し、周囲の人たちへの感謝も忘れずにすばらしいスピーチをしていた。そしてオスタペンコもハレプへの祝福の言葉を述べ、関係者みんなへの感謝を述べた。まだあどけなさが残る風貌に満面の笑みを浮かべてのスピーチだった。オスタペンコはジュニア時代にウインブルドンで優勝しているそうなので、芝にも強いんだろうな。これからの大躍進が期待される注目選手になった感じ♪ 優勝おめでとう!

さぁ、もうすく男子決勝が始まる。大会10勝目の偉業を狙うナダルか、2年ぶり2度目の優勝を狙うワウリンカか?とても楽しみな対決!そろそろTVの前でスタンパイします!


世界遺産の都へ 「ラトビア」の魅力100
雷鳥社
ウエミチ メグミ


Amazonアソシエイト by 世界遺産の都へ 「ラトビア」の魅力100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


お勧めリンク集

Roland Garros 2017 その3 Starship 21ZNA9/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる