Starship 21ZNA9

アクセスカウンタ

zoom RSS Piano Man / Billy Joel

<<   作成日時 : 2018/04/16 21:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

関ジャニ∞の渋谷すばるくんが、今年いっぱいでのジャニーズ事務所退所を発表し衝撃が走っている。私は洋楽派だけれど、ジャニーズのグループやタレントさんたちの番組や活躍は結構楽しませてもらっている。そんなレベルでの私でさえ、今回の渋谷くんの決断は、SMAP解散以来のショックなので、エイターさん(このエイターという言葉も渋谷くんが命名したそうですね)たちのショックは相当なものでしょう。

今日はほとんどの情報番組が、この渋谷くんの話題を取り上げていた。彼は音楽をきちんと勉強して、自分の力で音楽活動をやっていきたいという強い意志で、あえて家族同然のグループを脱退するという決断をしたそうだ。グループのメンバーたちも強く慰留したけれど、渋谷さんの意思が固く、彼を尊重して脱退を受け入れることにしたとのこと。メンバー揃って会見(安田くんだけがケガで欠席)をするというのも、絆が強い彼らだからこそのスタイルだったのだと思う。

そんな番組などを観ていたら、かつて渋谷くんが主演した映画がロッテルダム国際映画祭に正式出品された時、現地でビリー・ジョエルの「ピアノマン」のカバーを歌ったということに触れられていて、私の大好きな曲でもあるので、ちょっとそれは聴きたいなと思って検索したらyoutubeに映像があった!

その映像で渋谷くんは「関ジャニ∞」と縦書きの手書き風文字がプリントされた特製のTシャツを着てパフォーマンスしていた。歌の上手い彼らしく、ブルースハープをたくみに演奏しながら、高らかに歌い上げていて、さすがだなって感じだった。さらには歌詞を最後あたりはちょっとアレンジで変えていたな(笑)

「ピアノマン」は、あるバーのピアノ弾きが、そのバーの店員たちや客たちのことを観察日記風に歌っている歌で、情景が目に浮かんでくるような曲。ビリー・ジョエルのオリジナルでは、まずイントロにピアノで、まるで弾き始めのウォームアップ的旋律でポロポロン〜♪と始まり、続いてブルースハープ(ハモニカ)でのイントロが始まり、ピアノと重なっていって♪〜It's nine o'clock on a Saturday. The regular crowd shuffles in〜♪と歌に入っていく。

曲の中で、人々はピアノ弾きにチップをくれたり自分たちの夢を語ったりして、「さあ、俺たちのために弾いて歌ってくれよ」と、上機嫌だと歌われている。そして「客は僕のピアノを聴いて、現実をちょっとの間だけ忘れたくてここに来る」というようなくだりがある。人々は日々いろんな面倒なことがあったりで、こうやってお酒と音楽で気晴らししたいものさ的な内容の曲で、いかにも酒場のピアノ弾き的な内容。

なんで渋谷くんはこの曲を選曲したのかな?と考えると「ピアノ(音楽)」ってこうやって人々を癒したり、楽しませたりできるんだよっていう内容が気に入ったのか?得意なブルースハープも使えるし。。。いずれにしても、彼が生まれる前にヒットした曲を選ぶとは、彼はいろいろ幅広く音楽を聴いているんだろうなぁと思わされる。

エイターでもない私が、今回の渋谷くんの決心について勝手に想像していることは、関ジャニ∞は「関ジャム〜完全燃SHOW」という番組で”音楽”をいろんなテーマや視点から深堀りし、毎回その道のスペシャリストの方たちをゲストに迎え、多いに語ってもらっているだけに、渋谷くんはかなり刺激を受けていたのかも知れないなぁということ。

その番組終わりには、ゲストさんたちとテーマに沿った曲をセッションしたりしているし。。。そんな中で、いくら自分が楽器を演奏できても、歌が上手くても、「(自分は)音楽をきちんと勉強したことがない」という思いが積み重なって大きなものになって行ったのかなと。。。そして、いろんな音楽番組で共演するミュージシャンたちからも音楽的刺激を受けてきたかも。。。。(あくまでも私の勝手な想像です。ジャニーズのことはあまり知りませんので。。。)

渋谷くんは英語圏への留学を計画しているとか。どの国へ行くにせよ、これから経験することすべてが彼の人生の財産になると思うので、苦労はあるだろうけれどがんばっていただきたい。大江千里さんがゼロからの勉強で、ものすごく苦労した末に見事にJAZZピアニスト転身に成功されたように、渋谷くんにも夢をかなえてもらいたい。

渋谷くんと関ジャニ∞メンバーは、これからは今までと違う形で進んで行くことになって、大きな不安はあるだろうけれど、多くのファンと絶大な人気に裏づけられている彼らの才能や実力は本物だと思うので、きっと今まで以上に輝いてくれるような気がしている私です。

ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル 
Sony Music Labels Inc.
2014-12-12


Amazonアソシエイト by ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル  の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学
KADOKAWA
2015-04-17
大江 千里


Amazonアソシエイト by 9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【早期購入特典あり】GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)(オリジナルポスターA付)
インフィニティ・レコーズ
2018-05-30
関ジャニ∞


Amazonアソシエイト by 【早期購入特典あり】GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)(オリジナルポスターA付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


お勧めリンク集

Piano Man / Billy Joel Starship 21ZNA9/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる