Cloud Atlas

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年最初に観た映画(留守録したものだけど)は「クラウドアトラス」 日本公開は昨年だったけど、うっかりと上映を見逃していたので、やっと観れた!って思い。デイヴィッド・ミッチェルの原作小説が映画化されたもので、19世紀から文明崩壊後(2321年)までの異なる時代のストーリーで構成されていて、キャストが各エピソードに応じて複数の人物を演じている。監督もストーリーで別々で、1849年、2144年、2321年の物語をウォシャウスキー姉弟、1936年、1973年、2012年の物語をトム・ティクヴァが担当しているだけに、3時間近い大作でもあり、普通の映画数本分を観た感じ。

映画の内容を説明するのはすごく複雑なので難しいのだけど。。。いろんな時代に輪廻転生のように生まれ変わって(?)、その人生を送り、それぞれがどの時代でも何らかの形で出会うというような構成で、各キャストが性別を超えて何役でも演じている。中には特殊メイクで、「え?これは誰?」って思うぐらい変身してるキャストもいて、それを後から調べて「あ、彼?(彼女?)」みたいな楽しみ方もできる作品。女装、男装なんでもあり(笑)

主な出演者はトム・ハンクス、スーザン・サランドン、ハル・ベリー、ヒュー・グラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ベン・ウィショーなどなど・・・全部のストーリーに出てくる人もいれば、いくつかのストーリーだけの人もいる。ウィキぺディアに出演したストーリーの時代と役柄の一覧表があるので、それを参考にされるのもよいかと・・・(笑)

人種差別問題(奴隷制)あり、宗教的要素あり、原発問題もあり・・・この世の中で起きてきたことや起きるかもしれないことというテーマで描かれた壮大なストーリーなので、観る側もちょっとエネルギーが必要かも(笑)

余談だけど、監督のウォシャウスキー”姉弟”は、以前は”兄弟”だったのに性転換をした”ラナ”の女性ぶりはすばらしい(来日した時の映像を観たけど、ほんと女性、ちょっと大柄だけど)映画の公式サイトにプロモーションで来日した時のインタビューと写真がありますよ(こちら

と、今年もこんな感じでテキトーにマイペースで書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします♪




クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-07-10


Amazonアソシエイト by クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック