Australian Open tennis 2014 その5

たった今、全豪オープンテニス男子決勝が終った。バブリンカの初優勝!おめでとう!スタン。

第一セットはバブリンカが先取し、ここからどんな展開になるか楽しみだったけど、残念なことに第二セット途中にナダルが背中を痛めて、棄権するんじゃないかっってぐらいの状態だったので、最後まで試合を続けたラファに心からの拍手を贈りたい。でも、必死に試合を続けるナダルは、ファーストサーブも女子のセカンドサーブ並のスピードしか出せず、バブリンカも打ち返しづらい感じだったので、相当やりにくそうだった。きっとナダル相手だからハードヒットの攻防を想定していただろうから、これは想定外だっただろう。

ナダルがMTOを取ってコートを離れ、戻ってきた時に会場から大ブーイングが。。。それは観客の「まさか決勝なのに棄権するんじゃないよね?最後まで試合が観たいぞ!」みたいな不満の声だったんだろうな。試合後にナダルが「観客のため、相手(バブリンカ)のため、そして自分のためにも最後まで試合をやりたかった」と言っていた。あの時は一番つらいのはナダルだったと思う。

ナダルがそういう状態だから、第二セットもバブリンカが取った。どちらの選手がウイナーを打ってポイントをあげても、会場は静かに様子を見守るような。。。微妙な空気の中で試合が続いた。それほどナダルの状態はつらそうだった。

しかしナダルはなんとか辛抱強く試合を続け、第三セットを取って、徐々に動きもよくなり、サーブのスピードも上がり始めた。そこからはバブリンカもギアを上げてハードヒットのラリーも見られるようになったけれど、そうなるとバブリンカの勢いがとまらなくて第四セットをバブリンカが取って初優勝を決めた。

ネットを挟んで称えあう二人、かなり会話をしていた。ラファは自分の故障を謝罪していたんだろうし、スタンはそんなラファを気遣っていたようにおもう。いい光景だった。見ていて泣けて来た(涙)

バブリンカはランキングNo1とNo2を破っての優勝なのだから、堂々の優勝と言えると思う。ただ、ナダルの試合中の故障は残念だったなぁ。。。これでバブリンカはフェデラーよりランキングが上になるのだそう。フェデラーも負けていられないとがんばらなきゃ!

女子の決勝は残念ながら見れなかったのだけど、経過をツイッターなどで追っていた。今日、ダイジェストを見て、リ・ナの貫録勝ちだったように思う。リ・ナは全豪では決勝進出3度目での優勝!ほんとうにおめでとう♪

いろんなドラマがあったけれど、これで今年の全豪オープンテニスが終った。次のグランドスラムは5月の全仏。また日本勢の活躍に期待したい♪


ラファエル・ナダル 自伝
実業之日本社
ラファエル・ナダル


Amazonアソシエイト by ラファエル・ナダル 自伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック