Roland Garros 2019 その4

もうすぐローランギャロス(全仏テニス)男子決勝が始まる。一昨日の悪天候で第三セット途中でサスペンデッドになったジョコビッチvsティームの準決勝が、昨日の女子決勝の前に行われた。

一昨日の悪天候で、まったく集中力を発揮できなかったジョコビッチはそれをそのまま引きずっていたのかな?彼は4大会連続優勝がかかっていたし、なんとか修正したかっただろうけれど、なかなか難しいようだった。一方、ティームは悪天候はかなり気にはなっていただろうけれど、それ以上にこの風の中、どう戦おうか?と冷静に考えていたたように見えた。

ジョコビッチは必死に追いあげてフルセットにまで持ち込んだ。しかし第5セットはティームがリード。ティームにマッチポイントがきたものの、2度かわされ3度目でやっと決めて、昨年に続いての2年連続で決勝進出となった。

女子シングルス決勝は、私はうかつにも寝てしまい。。。気づいたら終わっていた(苦笑)第8シードのバーティが、ノーシードで勝ち上がってきた19歳のボンドルソバと対戦。二人ともグランドスラム決勝は初めて。結果はバーティが6-1、6-3で圧勝しグランドスラム初優勝を果たした。試合時間も短めだったし(笑)目が覚めたときにはこの試合が終わっていたという。それでオンデマンドで録画観戦してみた。

バーティは第1セットでいきなり4ゲーム連取しボンドルソバを圧倒。第2セットもドンドルソバに流れを渡さずに、あれよあれよとストレートで栄冠を手にした。バーティはこの優勝により、週明けに発表される最新の世界ランキングで自身のキャリアハイの2位に浮上する予定だそう。おめでとうございます!

さぁ、これから男子決勝がまもなく始まる。昨年と同じ顔合わせのナダルvsティーム。ナダルは中一日休みがあったけれど、連日の戦いとなるティームはちょっと気の毒かも。結果はナダルの大会12勝なるか?ティームのグランドスラム初優勝なるか?これから拝見いたします!





ラファエル・ナダル 自伝
実業之日本社
ラファエル・ナダル


Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック